日本画専攻 網走写生研修成果展

9月に網走市にて行なった日本画専攻の写生研修の成果展を以下の日程で開催致します。本画と写生を並べて展示致しますので、どうぞご高覧ください。

【網走会場】

網走市立美術館 網走市南6条西1丁目

2017年2月18日(土)~3月12日(日)休館日2月20・27日、3月6日

午前9時から午後5時 入場無料

【札幌会場】

道銀らいらっくぎゃらりー 札幌市中央区大通4丁目 北海道銀行本店ビル1階

2017年3月27日(月)~4月2日(日)

午前10時~午後6時 入場無料

 

片岡球子展でワークショップを行いました

北海道立近代美術館で開催中の特別展「片岡球子 本画とスケッチで探る画業のひみつ」のワークショップ「球子になりきり〈面構〉スケッチ」が1月14日(土)に道立近代美術館造形室で行われました。本ワークショップでは本学芸術学部美術学科准教授平向功一氏が講師として、また日本画専攻4年生加藤愛子さんと3年生阿部真由子さんがデモンストレーションやサポートを行いました。短い時間でしたが、19名の参加者の皆さんは球子の代表作〈面構〉シリーズを参考に、球子も用いた画材を使って、モデルの生き様があらわれるような顔のスケッチを真剣に、楽しそうに描いていました。

美術学科×音楽学科 共同制作演習B 上演間近!

美術学科と音楽学科のコラボレーション授業(!?)である共同制作演習B(映像)、ついに上演本番まで1週間を切りました!

今年のテーマは「Circle of Life」。

両学科混合の2チームがそれぞれの作品を鋭意制作中です!いよいよ仕上げの段階…!!

それではここで、出来上がった両A面フライヤーを見てみましょう!

おぉ…!なにやらおぞましい雰囲気…札幌大谷大学が、ゾンビと共学に!?「ZOMTOPIA!」

予告編動画(ZOMTOPIA!)はこちら

一方こちらには寂しげな1頭の犬…命って、なんだろう。「Where to go leave me?」

 

本当に全く違う雰囲気の2作品ですね…!

それぞれのチームが考え、描く「Circle of Life」。一体どうなるのでしょうか?今からわくわくしちゃいます!

美術学科×音楽学科が引き起こす化学反応を、この機会にぜひ会場でお楽しみください!!

 

札幌大谷大学 美術学科×音楽学科 共同制作演習B(映像)  “Circle of Life”

【日時】平成29年1月19日(木)  開場18:00  開演18:30

【場所】札幌大谷大学 大谷記念ホール(交通アクセス

【入場料】無料

【主催】札幌大谷大学芸術学部

【お問い合せ】芸術学部美術学科 011-742-1839(直通)
〔受付 平日9:00~18:00 土・日・祝日休み〕

*上演時間は1時間程度を予定しています。
*駐車場のスペースがございませんので地下鉄などの交通公共機関をご利用ください。

大量のゾンビ発生中!?

札幌大谷大学の芸術学部の取り組みとして美術学科と音楽学科で共同で作品をつくる「共同制作演習」という授業があるのですが、今年はゾンビをモチーフとした作品に取り組んでいるようです。なんでも映画&ライブという野心的な作品になるとか!?

1月19日の本番に向けて着々と準備が進んでいるようですので、今から本番が楽しみです。

詳細なお知らせができるようになったら改めてこちらにてインフォメーションしますね。

ゾンビ、メイク中

徘徊するゾンビ撮影中

卒業制作追い込み中

現在札幌大谷大学の4年生は卒業制作の追い込み中です。図録に掲載する写真を撮影しているのですが、指示が細かくてカメラマンもタジタジ!?

DMなども仕上がってきましたので、近日中にお知らせします!

展示&イベント視察

img_4257

先週末、東京で学生たちと合流し都内で開催されている展示&イベントを視察してきました。

毎年10月末から11月頭は都内でデザイン関連の様々なイベントが開催されています。写真はグラフィックデザイナーの佐藤卓さんがディレクションされた「デザインの解剖展」です。誰もが目にしたことがあるようなお菓子、牛乳など身近なものが、どのように考えられ製造されているのか、商品となったものを「解剖」することで知るという、リバースエンジニアリングの一種です。

他にも刺激的な展示が数多くありました。

これからの学びに活かしてもらいたいと思います。

「猫カフェ」

img_4222

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

情報デザイン3年生の課題で「◯◯の教科書」というデジタルコンテンツ制作があります。

学生それぞれがテーマを設定し、掘り下げた内容に取り組みますが、今年はある学生が「猫」をテーマに選びました。

どんな課題であれ、情報デザインでは自分の思い込みやネットで調べられる情報だけでなく、自ら体験・経験した内容を大事にしています。

ということで… みんなで「猫カフェ」へ!

行動を観察することで理解しようとする、これもちゃんとした授業です。

はてさて、作品にどのように生かされるか乞うご期待。

オオタニアートキャラバンがキッズアートフェスに参加しました

さっぽろアートステージ2016「キッズアートフェス」にオオタニアートキャラバンが参加しました。記録的な大雪となった11月6日(日)に地下歩行空間にて日本画の画材を使ったワークショップを開催しました。胡粉絵具で雪だるまを描こう!という内容でしたが、100名を超える子どもたちに参加してもらいとても可愛らしい作品が完成しました。

yukidaruma

第10回北海道現代具象展

今回で10年目になる北海道現代具象展が北海道近代美術館を会場に11月29日から始ました。様々な公募団体を代表する作家と 北海道の作家の力作が並ぶ全国的にも類を見ない展覧会となっています。一つの展覧会で幅広く多様な具象作品を見られるまたと無い機会となっています。本学からは川畑盛邦(洋画)・川口浩(洋画)・平向功一(日本画)・吉川聡子(日本画)の4名の教員が出品しています。8日(火)まで。

札幌大谷大学芸術学部美術学科油彩・日本画展

2016年11月10日から30日にかけてSTV北2条ビルにて油彩専攻と日本画専攻の優秀作品を展示します。力作揃いです!是非足を運んでみてくださいね。

2016%e6%b2%b9%e5%bd%a9%e6%97%a5%e6%9c%ac%e7%94%bb%e4%bd%9c%e5%93%81%e5%b1%95

エントランスアート NEXT vol.7
札幌大谷大学芸術学部美術学科油彩・日本画展
会期:2016年11月10日~11月30日
場所:STV北2条ビル・STV時計台通ビル
主催:STVグループみらい財団