展覧会のお知らせ

「然もあらばあれ」展

本学卒業生である阿部真由子さん・仲村うてなさん・佐々木茄鈴さんの三人展が開催されます。ぜひご高覧ください。
2019年7月16日(火) – 21日(日)
10:00~19:00(最終日17:00迄)
ギャラリーエッセ
札幌市北区北9条西3丁目9-1 ル・ノール北9条1階
札幌駅北口より徒歩5分

本学卒業生の山谷萌の香さんの作品が『ティアズマガジン北海道』 の表紙を飾りました。

【版画専攻】 銅版画のご紹介

\ 版画専攻 銅版画のご紹介 /

札幌大谷大学、版画の授業では1年次「銅版画/木版画」にて、エッチング・アクアチントを主とした基礎的な腐蝕銅版画の制作を行います。のびのびと自分らしい下絵を銅版画にすることによって、これまでなかった美術表現の幅がより大きく広がります!

3年次の版画専攻「版画研究C」では、絵作りにゆっくり向き合いながらエッチング、アクアチントに加え、凹凸版刷り・雁皮刷・ヘイター法・メゾチント・写真製版・その他併用版などを用いた研究的な制作をはじめ、卒業制作に向けて大型作品やパネル装などの銅版画制作にも楽しくチャレンジしています。

また、新素材版材の実験制作をはじめ額装方法、額紐の結び方や展示方法など、知っているようで実は知らなかった細かなレクチャーはすぐに展覧会などへの実践に役立つ授業です。道内屈指の設備とカリキュラムで銅版画制作をサポートしています!やはりエッチングなどは版画の王道ですね♫

版画担当N

ブラザーさんによるコンピュータ刺繍ミシン講習会。

コンピュータで作ったイラストやグラフィックは、ディスプレイで見るだけではなく、プリンタで紙に印刷することができきますが、プリンタの世界は、多様化しており、レーザー加工機、そしてUVプリンタなどでアクリルや革、マグカップなどの陶器、そして3Dプリンタによって立体物自体もプリントすることができるようになってきました。その他にも、様々な出力デバイスによって、コンピュータで設計した情報を実体化することができるような道具たたくさんありますが、自分たちで描いたイラストやグラフィックを「刺繍」として出力することができるコンピュータ刺繍ミシンを、みなさんはご存知でしょうか?本学にも様々なタイプのプリンタがありますが、今日は、コンピュータ刺繍ミシンをご紹介したいと思います。

こちらは写真のように見えますが、実はデジタル画像をコンピュータ刺繍ミシンで刺繍にしたものです。刺繍のいとを利用して濃淡を作る方法などを見比べられるサンプルなどもお持ちいただきました。本学に設置しているコンピュータミシンを実際に開発されてきたブラザーさんに、直接、お話を伺う機会をいただくことで、開発の苦労した時のお話や、画像を刺繍データに変換するソフトウエアの使いなども丁寧に教えていただきました。

丹念に人の手で作られた刺繍も豊富な経験や熟練の技を必要とする素晴らしい工芸品ですが、コンピュータミシンによって精巧に再現された、手作業とは少し異なる刺繍を目にし、少し興奮気味の学生たち。そうした反応が嬉しいと、色々な可能性を教えていただき有意義な時間を過ごすことができました。色々なアイデアが実現できたら、またお呼びして意見交換ができればと思います。

 

 

今年も「たがりな」始まりました♪♪

企画・制作・キャラクターデザイン・声優・音楽制作のすべてを札幌大谷大学の学生プロジェクトチームが担当するラジオ番組「たがりな」が今年も6月3日よりはじまりました。
シェアハウスの管理人とそこに暮らす4人の大学生が政治経済から芸術までニュースや時事の話題を若者目線で紹介するラジオドラマです。
放送は毎週月から木曜日、「SCHOOL OF LOCK!」内の22時55分から23時00分です。ぜひお聞きください。

6月16日(日)オープンキャンパスが実施されました。

6月16日(日)オープンキャンパスが開催され、高校生と保護者を合わせ80名というたくさんの方に参加していただきました。今回は学生の視点から大学紹介をするという新企画も取り入れ、5つのプログラムも楽しんで帰っていただけたことと思います。さらに7月、8月と充実した内容で開催を予定しています。

写真はファッション・デジタルファブリケーション専攻の「次代の最強服」という講座で制作された高校生たちの作品です。

 

夏期デッサン強化講習会 募集開始!

札幌大谷大学芸術学部美術学科では美大・芸大の入試対策を兼ね、デッサン強化のための講習会を行います。
初心者から経験者までそれぞれのレベルに合わせて本学の教員が指導します。
夏休みを利用して、短期集中でレベルアップを目指しませんか?
2019年8月7日(水)〜9日(金)
時間 10:00~16:00
対象者 高校生以上
受講料 無料
定員 30名(定員になり次第締め切り)

【版画専攻】シルクスクリーンのご紹介

\ 版画専攻 シルクスクリーンのご紹介 /

札幌大谷大学の版画、「シルクスクリーン」、「版画研究」の授業では吸引式刷台を用いた多色刷りによる美術作品としての紙刷りはもちろんの事、Tシャツ、トートバッグ、エプロンなどの布刷りにも対応した道具と設備が整っています。

版画専攻「版画研究」の授業では卒業制作に向け、深く・楽しく・自分らしい版画作品の制作や、学生さん達はオリジナルグッズ開発などの自主制作も頑張って制作しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学祭「橙丹祭(とうたんさい)」では作品やグッズ販売の制作に、ひと役かっている様子で、今年はどんな作品がお目見えするか楽しみです。

版画専攻「版画研究」では、本格的な版画を皆さん深く・楽しく・本気で版画を学び研究しています!

版画担当N

 

版画室をリニューアルし、より快適になりました。

この春、版画室をリニューアルしました!

エッチングプレス機を備え、描画など多目的に使用できる教室、リトグラフ室、シルクスクリーン専用の暗室など、教室が3室に分かれ、より快適に各版画制作ができる環境に整いました。

版画専攻の授業[版画研究]ではこれらの教室をフルに使い、卒業制作に向けて基本版種の追及はもちろんの事、デジタル出力、油彩や水彩に版表現を加えるなど美術表現の拡大を深く楽しく探ってゆきます!

今年の卒業生のコミックスが発売されました。

いよいよ卒業式が迫ってきました。そんな中、今年、卒業を迎えるホンノシオリさんのコミックス「勇者は使命を忘れてる」が白泉社から発売されました。

マンガサイトで2000000PV突破のふれこみで、2月28日に販売開始となりましたが、ここ北海道では、まだ手に入らないとのことで、在学生の活躍を楽しみに、まだかまだかと待ちわびている先生方も多いようです。到着が楽しみです。