石狩浜で風を食べ歩行する生命体、現る!?

 

石狩浜で風を受けるアニマリス・オルディス

札幌芸術の森美術館で開催中の「テオ・ヤンセン展」連動企画で、『風を動力源として砂浜を疾駆する「ストランドビースト」を石狩浜で見ようという』イベントがあったので、ゼミ生達と見てきました。

ストランドビーストは、テオ・ヤンセンさんが制作する「砂浜の生命体」という意味を持った彫刻作品です。ボディはPVC製のチューブで造形され、風を受けて有機的に歩行する様は、生物を思わせるほど艶めかしいものです。テオ・ヤンセンさんは、デルフト工科大学で物理学を専攻した後、画家に転身。コンピュータのスクリーン上に蠕く線状の人口生命体や絵を描くマシーンの制作などを経て、ストランドビーストは、1990年から現在まで大小いくつもの種類が制作されてきました。これらのシリーズは、風を受けて生み出される円運動を物理工学の基盤にしたオリジナルのリンク機構を用いることで、楕円形の軌跡に変換し歩行の動作を実現します。近年のビーストは、これまでのリンク機構とは異なる構造で、初期に制作された蠕く線状生命体のコンピュータアニメーション作品『Vermiculus Artramentum』を彷彿とする動きで砂浜を疾駆する個体も誕生しています。

炎天下の中、石狩浜に到着すると、北海道特有のテントを張って海水浴を楽しむ方々で賑わっていました。特設会場には、小型ストランドビースト「アニマリス・オルディス」が、帆を張った状態で風を待っていました。あいにく風速8メートル強の持続的な風が吹かなかったため、浜辺を縦横無尽に歩行する姿は見られませんでしたが、時折吹く強めの風を受け、2度ほど動いて会場はざわめきました。

芸術と科学は、極度の専門性によって分化していきましたが、イヌイットは、小さな彫刻を作ったりもするし、イグルーのような技術を使ったりもする、私もそのような存在であるとご本人が語っておられるように、ビーストは、極度に専門化してしまった分野の溝を埋め、芸術と科学が、対自然・対生命と向かい合う手立ての一つであることを改めて教えてくれるような頼もしい存在のようにも感じました。暑い砂浜に立ち続けるビーストは足の裏暑くないのかな、と思いつつ、短い北海道の暑い夏を楽しんできました。

 

 

作品制作だけじゃない。設営スキルも磨く1年前期。

レポートや作品制作といった課題提出を控え、慌ただしい学期末がやってまいりました。

メディア表現領域1年生は、はじめての考え方、そして、はじめての技術と、はじめてのことづくし。「いくら頑張っても、今できることが、求めていること、求められていることに達していないことに気がついた」、「忙しくしている方が充実してていい」、なんて声も聞こえますが、作品課題は提出するだけではなく、やはり、展示されてこそ。ただ壁にかけるだけも、ピクチャーレールを使うのが美しいの?鋲が打てないコンクリ・石膏ボード製の壁面では、コンパネ製の壁面とは勝手も違います。条件の異なる壁面、作品サイズや重量によっても設置方法が異なるのです。

仕立ての良い展示やデザインとは何か、従来、展示スペースではない廊下や階段といったエリアをゼロから自分たちの課題をわかりやすく見てもらえるスペースに設えようと、展覧会のアイデンティティの制作、チラシのデザイン、展示タイトル、挨拶文やマップ、キャプション、照明などなど、様々な情報を作りながらアイデアの実装を行い、展覧会ができあがるまでを体験することで、作品課題の制作だけでは獲得できない設営スキルも修練していきます。

美術学科×音楽学科 共同制作演習B(映像)、ついに来週公開です!

 
夏ですね!大学の前期授業もあと残りわずか…
共同制作演習B(映像)の上映日がもう来週に迫っています!
例年、この時期は共同制作演習A(舞台)の上演が行われていましたが、
今年は前期に共同制作演習B(映像)の授業が開講されております。

元々は3年生の授業だった共同制作演習。
今年からは1年生も授業に参加することができるようになりました!

 
なんと今年は『青春 × 特撮』に挑戦してみたそうですよ〜。
気になる公演のフライヤーデザインは…こちらです!

 
こちらのフライヤー、札幌市内各所に置かせていただいております。
『世界が無個星になる前に』…?一体どんな内容なのでしょうか。楽しみですね!

総勢約60名のスタッフで取り組んだ『世界が無個星になる前に』。
8月のはじめは大谷記念ホールへGOです!

 

札幌大谷大学 美術学科×音楽学科 共同制作演習B(映像)  “世界が無個星になる前に”

【日時】2019年8月1日(木)  開場18:30  上映19:00

【場所】札幌大谷大学 大谷記念ホール(交通アクセス

【入場料】無料

【主催】札幌大谷大学芸術学部

【お問い合せ】芸術学部美術学科研究室 011-742-1839(直通)
〔受付 平日9:00~18:00 土・日・祝日休み〕

*上演時間は40分間程度を予定しています。
*駐車場のスペースがございませんので地下鉄などの交通公共機関をご利用ください。

コンシューマーゲーム開発における音楽・美術制作

ゲーム開発において、音楽や美術を専門とする方々がどのように関わられているのか、ご存知でしょうか?

宇宙開発、ヴァーチャル楽器、3DCG、情報デザインなど各種分野のソフトウェアエンジニアを経て、コンシューマーゲームの開発を行う一方で、数々のメディア芸術作品のサウンドやビジュアルに関わられてこられた株式会社スマイルブーム開発部であり、SIAFラボテクニカルフェローの藍 圭介先生をお招きし、音楽や美術がどのようにコンシューマーゲームの開発に関わっているのか、詳しくお話しいただきました。

ゲーム開発環境を利用し制作されたアート作品の紹介や、芸術性の高いゲームタイトル、またゲームの新しい動向や各パートで利用されるスタンダートなソフトウエア、注目を集めるソフトウエアなども紹介していただきました。そして実際のお仕事の中で、美術や音楽の専門性がどのようにゲーム開発に関わっているか、実際にサウンドデザイナーへどのような形で依頼がされるのか、また各シーンの状況やステータスの変化がサウンドによってどのように臨場感を与えられるのか、そしてフォトリアルなゲームのビジュアルが、ラフからリッチな情報になっていくまでの過程なども詳しく解説していただきました。その後、学生からのたくさんの質問にも丁寧に答えていただき、これから何をしなくてはいけないのか、多くの学生の刺激となったのではないかと思います。

網走に写生旅行に行きました。

7月14日(日)から16日(火)までの3日間、日本画専攻4年生が網走市に写生旅行に行きました。今回の写生旅行は網走市エコセンター2000芸術文化合宿事業のサポートを受けて実施されました。

写生の他、網走市立美術館、モヨロ貝塚館、網走市郷土資料館、道立北方民族博物館、網走監獄博物などの文化施設も見学し大変充実したものとなりました。

今後、写生を日本画に仕上げ、網走市立美術館にて展覧会を実施する予定です。

展覧会のお知らせ

「然もあらばあれ」展

本学卒業生である阿部真由子さん・仲村うてなさん・佐々木茄鈴さんの三人展が開催されます。ぜひご高覧ください。
2019年7月16日(火) – 21日(日)
10:00~19:00(最終日17:00迄)
ギャラリーエッセ
札幌市北区北9条西3丁目9-1 ル・ノール北9条1階
札幌駅北口より徒歩5分

本学卒業生の山谷萌の香さんの作品が『ティアズマガジン北海道』 の表紙を飾りました。

【版画専攻】 銅版画のご紹介

\ 版画専攻 銅版画のご紹介 /

札幌大谷大学、版画の授業では1年次「銅版画/木版画」にて、エッチング・アクアチントを主とした基礎的な腐蝕銅版画の制作を行います。のびのびと自分らしい下絵を銅版画にすることによって、これまでなかった美術表現の幅がより大きく広がります!

3年次の版画専攻「版画研究C」では、絵作りにゆっくり向き合いながらエッチング、アクアチントに加え、凹凸版刷り・雁皮刷・ヘイター法・メゾチント・写真製版・その他併用版などを用いた研究的な制作をはじめ、卒業制作に向けて大型作品やパネル装などの銅版画制作にも楽しくチャレンジしています。

また、新素材版材の実験制作をはじめ額装方法、額紐の結び方や展示方法など、知っているようで実は知らなかった細かなレクチャーはすぐに展覧会などへの実践に役立つ授業です。道内屈指の設備とカリキュラムで銅版画制作をサポートしています!やはりエッチングなどは版画の王道ですね♫

版画担当N

ブラザーさんによるコンピュータ刺繍ミシン講習会。

コンピュータで作ったイラストやグラフィックは、ディスプレイで見るだけではなく、プリンタで紙に印刷することができきますが、プリンタの世界は、多様化しており、レーザー加工機、そしてUVプリンタなどでアクリルや革、マグカップなどの陶器、そして3Dプリンタによって立体物自体もプリントすることができるようになってきました。その他にも、様々な出力デバイスによって、コンピュータで設計した情報を実体化することができるような道具たたくさんありますが、自分たちで描いたイラストやグラフィックを「刺繍」として出力することができるコンピュータ刺繍ミシンを、みなさんはご存知でしょうか?本学にも様々なタイプのプリンタがありますが、今日は、コンピュータ刺繍ミシンをご紹介したいと思います。

こちらは写真のように見えますが、実はデジタル画像をコンピュータ刺繍ミシンで刺繍にしたものです。刺繍のいとを利用して濃淡を作る方法などを見比べられるサンプルなどもお持ちいただきました。本学に設置しているコンピュータミシンを実際に開発されてきたブラザーさんに、直接、お話を伺う機会をいただくことで、開発の苦労した時のお話や、画像を刺繍データに変換するソフトウエアの使いなども丁寧に教えていただきました。

丹念に人の手で作られた刺繍も豊富な経験や熟練の技を必要とする素晴らしい工芸品ですが、コンピュータミシンによって精巧に再現された、手作業とは少し異なる刺繍を目にし、少し興奮気味の学生たち。そうした反応が嬉しいと、色々な可能性を教えていただき有意義な時間を過ごすことができました。色々なアイデアが実現できたら、またお呼びして意見交換ができればと思います。