2019年 10月 の投稿一覧

ラジオ番組「たがりな!!」生中継に登場!

打ち合わせラジオ番組「たがりな!!」は、美術学科はもちろん音楽学科、地域社会学科、保育科のメンバーが所属しているのですが、今回は、10月5日、6日にかけて行われる本学の大学祭「橙丹祭」の告知をAir-G北川久仁子のbrilliant days×Fにて行いました。

収録中

収録では今回の目玉の「お笑いライブ」の告知や、ラジオ番組スタッフで運営するカフェを紹介し、和気藹々とした生中継となりました。

「Cafe たがりな!!」では、公式グッズとして美術学科の学生が制作した各キャラクターのステッカーや、ラジオでは語られなかったキャラクターの過去の話を収録したコミック、音楽学科で制作しているサントラCDなど、様々なグッズを限定販売します。

収録風景(グッズ類)

…ところで、最近の中継ってケータイとオーディオインターフェイスだけで出来てしまうんですね!(いろいろ不具合に悩まされることもあるそうですが)気がつかないうちにスゴイ世の中になっていました…

当日は、声優メンバーもお店に交代で入っていますので、推しキャラの中の人とも会えちゃうかも!?是非、遊びに来てくださいね。

記念撮影!

 

 

 

大藪雅孝展「アトカタ」アートディレクションをおこないました

ポスター

7月26日〜9月16日にかけて行われていた日本を代表する画家・大藪雅孝の没後初めての展覧会「アトカタ」のアートディレクションをグラフィックデザイン専攻の島名研究室で行いました。

大藪氏は、様々な伝統技法や画材に触れる中で、水性で油絵具と同じ表現ができるだけでなく機動性があり、同じく水性の日本画材(岩絵具等) との併用可能な先人達が望んでも出来なかった日本人が描く「日本の絵」を表現できる混合技法(ミクストメディア)の先駆者でありました。病床においてなお次世代へ繋ぐことを考え、美を探求した彼の意思を表現するため、展覧会タイトルを「アトカタ」と決定しました。

図録

図録はページがしっかり開く少し珍しい「コデック装」を選択し、小さめの紙面ながら最大限に作品を見せることができるようにしています。

図録

 

会場は通常の展示空間や通路、和室とバリエーションに富んだため、屏風や絵画、立体等、様々な作品群をコーナーに分けるなど、観覧者の導線を考えながら配置を行い、各コーナーには大藪氏の人となりがわかるようなインタビューを元にしたキャプションを制作しました。

展覧会はおよそ2000名の観覧者を集め、大盛況のうち終了しました。

 

ひとりの作家の人生を学ぶとともに、いちから展示会をつくるという貴重な経験を積むことができました。

会場風景

会場風景