造形表現領域

卒業生による日本画展「report」が開催されます。

日本画専攻を卒業した葛西由香さん(3期)・山本彩花さん(3期)・加藤愛子さん(5期)・橘つづりさん(5期)のグループ展「report」が開催されます。

葛西さんは卒業制作が話題となるなど様々なメディアにも取り上げられている話題の作家。山本さんは本学卒業後に嵯峨芸術大学大学院に進学、橘さんは本学卒業後に武蔵野美術大学大学院に進学。加藤さんは在学中からフィレンツェ賞展など道外のコンクールに入選するなどの実力派です。ぜひご高覧ください。

会期:2019年8月20日(火)~25日(日)
時間:11:00~19:00 最終日17時まで
会場:HOKUSEN GALLERY ivory
札幌市中央区南2条西2丁目
NC北専ブロックビル4F

第5回 石本正 日本画大賞展に出品します。

「第5回 石本正 日本画大賞展」に日本画専攻4年金澤優那さん、須田茉里さん、3年伊藤智美さんの日本画作品が出品されます。本展覧会は日本画家・石本正画伯の功績を顕彰し、未来への希望に満ちた学生たちの創作活動を奨励するもので、全国の日本画を修める大学30校が参加する展覧会です。

会期
2019年8月27日(火)~10月14日(月・祝)

会場
島根県浜田市立石正美術館 企画展示室・ギャラリー

開館時間
9:00〜17:00(入館は16:30まで)

休館日
月曜日(祝日の場合は開館し、翌平日休館)

出品大学
札幌大谷大学・東北芸術工科大学・金沢美術工芸大学・金城大学短期大学部・筑波大学・文星芸術大学・東京藝術大学・武蔵野美術大学・多摩美術大学・女子美術大学・常葉大学・名古屋芸術大学・名古屋造形大学・成安造形大学・京都精華大学・京都造形芸術大学・嵯峨美術大学・嵯峨美術短期大学・京都市立芸術大学・大阪芸術大学・大阪成蹊大学・奈良芸術短期大学・倉敷芸術科学大学・尾道市立大学・広島市立大学・比治山大学短期大学部・九州産業大学・大分県立芸術文化短期大学・崇城大学・沖縄県立芸術大学(30校、順不同)

主催
芸術と文化のまちづくり事業実行委員会、浜田市立石正美術館、浜田市、浜田市教育委員会、公益財団法人浜田市教育文化振興事業団、中国新聞社

後援
山陰中央新報社、石見ケーブルビジョン、ひとまろビジョン

美術学科×音楽学科 共同制作演習B(映像)、ついに来週公開です!

 
夏ですね!大学の前期授業もあと残りわずか…
共同制作演習B(映像)の上映日がもう来週に迫っています!
例年、この時期は共同制作演習A(舞台)の上演が行われていましたが、
今年は前期に共同制作演習B(映像)の授業が開講されております。

元々は3年生の授業だった共同制作演習。
今年からは1年生も授業に参加することができるようになりました!

 
なんと今年は『青春 × 特撮』に挑戦してみたそうですよ〜。
気になる公演のフライヤーデザインは…こちらです!

 
こちらのフライヤー、札幌市内各所に置かせていただいております。
『世界が無個星になる前に』…?一体どんな内容なのでしょうか。楽しみですね!

総勢約60名のスタッフで取り組んだ『世界が無個星になる前に』。
8月のはじめは大谷記念ホールへGOです!

 

札幌大谷大学 美術学科×音楽学科 共同制作演習B(映像)  “世界が無個星になる前に”

【日時】2019年8月1日(木)  開場18:30  上映19:00

【場所】札幌大谷大学 大谷記念ホール(交通アクセス

【入場料】無料

【主催】札幌大谷大学芸術学部

【お問い合せ】芸術学部美術学科研究室 011-742-1839(直通)
〔受付 平日9:00~18:00 土・日・祝日休み〕

*上演時間は40分間程度を予定しています。
*駐車場のスペースがございませんので地下鉄などの交通公共機関をご利用ください。

網走に写生旅行に行きました。

7月14日(日)から16日(火)までの3日間、日本画専攻4年生が網走市に写生旅行に行きました。今回の写生旅行は網走市エコセンター2000芸術文化合宿事業のサポートを受けて実施されました。

写生の他、網走市立美術館、モヨロ貝塚館、網走市郷土資料館、道立北方民族博物館、網走監獄博物などの文化施設も見学し大変充実したものとなりました。

今後、写生を日本画に仕上げ、網走市立美術館にて展覧会を実施する予定です。

【版画専攻】 銅版画のご紹介

\ 版画専攻 銅版画のご紹介 /

札幌大谷大学、版画の授業では1年次「銅版画/木版画」にて、エッチング・アクアチントを主とした基礎的な腐蝕銅版画の制作を行います。のびのびと自分らしい下絵を銅版画にすることによって、これまでなかった美術表現の幅がより大きく広がります!

3年次の版画専攻「版画研究C」では、絵作りにゆっくり向き合いながらエッチング、アクアチントに加え、凹凸版刷り・雁皮刷・ヘイター法・メゾチント・写真製版・その他併用版などを用いた研究的な制作をはじめ、卒業制作に向けて大型作品やパネル装などの銅版画制作にも楽しくチャレンジしています。

また、新素材版材の実験制作をはじめ額装方法、額紐の結び方や展示方法など、知っているようで実は知らなかった細かなレクチャーはすぐに展覧会などへの実践に役立つ授業です。道内屈指の設備とカリキュラムで銅版画制作をサポートしています!やはりエッチングなどは版画の王道ですね♫

版画担当N

【版画専攻】シルクスクリーンのご紹介

\ 版画専攻 シルクスクリーンのご紹介 /

札幌大谷大学の版画、「シルクスクリーン」、「版画研究」の授業では吸引式刷台を用いた多色刷りによる美術作品としての紙刷りはもちろんの事、Tシャツ、トートバッグ、エプロンなどの布刷りにも対応した道具と設備が整っています。

版画専攻「版画研究」の授業では卒業制作に向け、深く・楽しく・自分らしい版画作品の制作や、学生さん達はオリジナルグッズ開発などの自主制作も頑張って制作しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学祭「橙丹祭(とうたんさい)」では作品やグッズ販売の制作に、ひと役かっている様子で、今年はどんな作品がお目見えするか楽しみです。

版画専攻「版画研究」では、本格的な版画を皆さん深く・楽しく・本気で版画を学び研究しています!

版画担当N

 

版画室をリニューアルし、より快適になりました。

この春、版画室をリニューアルしました!

エッチングプレス機を備え、描画など多目的に使用できる教室、リトグラフ室、シルクスクリーン専用の暗室など、教室が3室に分かれ、より快適に各版画制作ができる環境に整いました。

版画専攻の授業[版画研究]ではこれらの教室をフルに使い、卒業制作に向けて基本版種の追及はもちろんの事、デジタル出力、油彩や水彩に版表現を加えるなど美術表現の拡大を深く楽しく探ってゆきます!

札幌大谷大学芸術学部美術学科 卒業制作展2019

美術学科の卒業制作展が、遂に明日、搬入日を迎えます!

今年のDMはこんな感じに仕上がりました〜。


ポップでめんこいですよね!

美術学科4年生の集大成を、ぜひぜひご高覧ください!
どうぞよろしくお願いいたします!

札幌大谷大学芸術学部美術学科 卒業制作展 2019
[会期] 2019年1月23日(水)-1月27日(日)
[時間] 10:00-18:00(最終日は17:00まで)
[場所] 札幌市民ギャラリー(札幌市中央区南2条東6丁目)

音・美両学科の共同でつくるオペラ

 

poster

7月26日(木)19時からオペラ「コジ・ファン・トゥッテ」上演が行われました。


 

札幌大谷大学芸術学部 音楽学科・美術学科共同制作によるオペラ「コジ・ファン・トゥッテ」は、
3年生の前期の授業の一つ、共同制作演習A(舞台)の授業の一環で準備されました。
美術学科は、ポスターや舞台美術、衣装のデザイン制作などを行い、
音楽学科の学生がキャストや演奏を務め、お互いに刺激を受けながら力を合わせ作り上げた舞台です。

学生たちにとって、300人が入るホールを満員としなければいけないことは、とても大きな試練となりますが、緊張感と感動が同居した達成感を得る取り組みのひとつになったのではないかと思います。苦楽を共にしながら、皆で一生懸命になれる現場があるって良いものですねぇ。
より充実した環境で制作に取り組める様にさらに良い公演ができる様、授業の内容も徐々に更新されていきますので、来年度も期待してください。