情報デザイン専攻

JAGDA学生グランプリ2018で入賞しました!

JAGDA(日本グラフィックデザイナー協会)学生グランプリ2018において、応募作品1,527点の中から、本学情報デザイン専攻3年の経塚萌野さん、新井田早栄さんが入選しました。

先週28日に行われた東京での授賞式・展覧会オープニングパーティーに参加し、審査員の方々から作品についてのコメント、ポートフォリオについてのアドバイスをいただくなど、貴重な機会を得ることができました。

現在、東京ミッドタウン内のデザインハブにて入賞・受賞作品点が開催中です。お近くにお出かけの際にはぜひご覧ください。

 

JAGDA学生グランプリ2018」入賞・入選作品展

会期:2018年9月28日(金)~10月14日(日)

時間:11:00~19:00 会期中無休(入場無料)

会場:東京ミッドタウン・デザインハブ

http://www.jagda.or.jp/information/jagda/3428

 

経塚さん「LIFE」

 

 

 

新井田さん「たいせつなもの」

審査員3人に囲まれてポートフォリオを見ていただいている様子。他の審査員の方々からも多くのアドバイスをいただきました。

くり人(と)くら 完成しました!

暑くなったり寒くなったりと気温の安定しない日々が続いていますが、昨年より札幌大谷大学芸術学部美術学科メディア表現領域の学生を中心に制作していた栗山町を紹介する冊子「くり人(と)くら」秋号、冬号が完成しました。

くり人くら 秋号 冬号

くり人くら 秋号 冬号

地域の冊子としては異色!?の構成で1号である秋号は絵本、冬号はマンガという斬新な構成です。

くり人くら 秋号 中身

くり人くら 冬号 中身

くり人くら 冬号 中身

地域の特産品や施設を面白おかしく紹介しています。

栗山町へおでかけの際は是非探してみてください!現在春号、夏号、鋭意制作中です。こうご期待!!

卒業制作展2018 開催のお知らせです!

札幌大谷大学卒業制作展2018、会期までもう少しです!
出来上がったDMはこんな感じですよ〜。

今年の卒展テーマは「谷」!
これは「大谷」の谷でもあり、「人生山あり谷あり」の谷でもあり…。

【ここから図録コメント引用】
「私たちは谷の時期をマイナスに捉えがちですが」

えっ、今みんな谷なの!?(そんなに若いのに…!)

「今ここに、大きな山を作り上げます」

あっ、そういうこと…(良かった…)

と、少し私的なコメントも含んでしまいましたが、
このようなテーマで取り組んでおります!

画像ではちょっと分かりにくいですが、
DMには大学校舎を模したビジュアルのイラストの上に
かすかに、谷の字のエンボスがかかっているんですよ!
まちなかの美術館やギャラリーで見かけることがありましたらぜひお手に取ってみてくださいね。

 

札幌大谷大学 芸術学部 美術学科 卒業制作展 2018

【会期】2018年1月24日(水)〜28日(日) 10時〜18時(最終日のみ17時まで)
【会場】札幌市民ギャラリー(札幌市中央区南2条東6丁目)
【入場料】無料
【協力】札幌大谷大学・札幌大谷大学短期大学部 教育後援会
【問い合わせ】美術学科研究室 TEL.(011)742-1839

今年の共同制作演習B(映像)のDMができました

今年の共同制作演習B(映像)のDMは二つ折りみたいです。
映画「爪痕」と関連したフィジカルゲームのイベントも開催予定で、
どのように映画とリンクしていくのか楽しみです。

 

今年の共同制作演習B(映像)のポスターができました。

音楽学科と美術学科で協同し制作を行う共同制作演習は、前期はオペラ、後期は映像をテーマに、半期の授業の中で制作を行います。前期のオペラは演目がはじめから決まっていますが、後期の映像では、アイデアを発想すると所からはじまり、シナリオから絵コンテ、動画コンテ、広報等すべてを学生の力で作っていきます。今年は、映画とイベントが連動した企画となっております。お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

美術学科作品展「おおたにの今。」明日からです!

明日より!毎年恒例、美術学科作品展「おおたにの今。」が始まります。
DMはこんな感じですよ〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
なんだか例年とちょっと違った雰囲気ですね?と、色々な方々に言われます。
好評です!とっても可愛いですよね!
作ってくれたのは、メディア表現領域2年生の小野ひばりさんです。
本日、無事に搬入を終え、あとは明日からの会期を待つのみ!

油彩、日本画、版画、立体、写真・映像、グラフィックデザイン、情報デザインの
計7分野の学生の作品が展示されております!
みなさんお近くへお越しの際は、ぜひ おおたにの “ 今。” を感じにいらしてくださいね〜。
どうぞよろしくお願いいたします。


====================
札幌大谷大学芸術学部美術学科 作品展
「おおたにの今。」

【会期】
平成29年9月12日(火)~17日(日)
10:00〜19:00(※最終日のみ17:30終了)

【会場】
大丸藤井セントラル7Fスカイホール
(札幌市中央区南1条西3丁目2)
TEL:011-231-1131
====================

【社会連携事業】「イノチヲツナグ」プロジェクト 第1回プレゼンテーション

「イノチヲツナグ」プロジェクトは、北海道中川町、エゾプロダクト、フォーシーズンアカデミー、札幌大谷大学が連携して行っているプロジェクトです。

現在、北海道ではエゾシカが増えすぎたことによる生態系の変化が問題となっています。猟師をはじめ様々な取り組みを行っている北海道ですが、人間の都合で命を奪うことに対し、最大限命を無駄にしないことを目標に昨年度11月よりキックオフされました。

イノチヲツナグプロジェクトのプレゼン風景

今回紹介する記事は、その根幹となる「イノチヲツナグ」プロジェクトのロゴマークと、利活用に向けたエゾシカ100%のペットフードのタイトル、パッケージのプレゼンテーション。まだ未確定部分が多く正式発表はできないのが残念ですが、教員をはじめとする学生構成メンバーの熱い思いは伝わったはず!

今後の展開にご期待ください!!

 

卒業制作展2017 開催のお知らせです!

札幌大谷大学卒業制作展2017、会期までもう少しです!

現在4年生は最後の大詰め作業中…。造形表現領域の学生は絵画作品に額付けをしたり、メディア表現領域の学生は機材の動作確認をしたりと、例年のことながら連日廊下まで賑わっております(笑)。

ちなみに今年の卒業制作展のDMはこんな感じです!

こちらのDM、一見遠目だと真っ黒なハガキなのですが、よくよく見ると文字の部分にエンボス加工が施されており、ほんの少しへこんでいるのです!

卒業制作展に関するさまざまなキーワードで構成されたマインドマップ風DM、目で見ても手で触れても楽しいものになっております。

学生達が何度も話し合いを重ね、こだわりの見られる展示となっておりますので、ぜひとも会場まで足を運んでみてくださいね〜!

 

札幌大谷大学 芸術学部 美術学科 卒業制作展 2017

【会期】2017年1月25日(水)〜29日(日) 10時〜18時(最終日のみ17時まで)
【会場】札幌市民ギャラリー(札幌市中央区南2条東6丁目)
【入場料】無料
【協力】札幌大谷大学・札幌大谷大学短期大学部 教育後援会
【問い合わせ】美術学科研究室 TEL.(011)742-1839

展示&イベント視察

img_4257

先週末、東京で学生たちと合流し都内で開催されている展示&イベントを視察してきました。

毎年10月末から11月頭は都内でデザイン関連の様々なイベントが開催されています。写真はグラフィックデザイナーの佐藤卓さんがディレクションされた「デザインの解剖展」です。誰もが目にしたことがあるようなお菓子、牛乳など身近なものが、どのように考えられ製造されているのか、商品となったものを「解剖」することで知るという、リバースエンジニアリングの一種です。

他にも刺激的な展示が数多くありました。

これからの学びに活かしてもらいたいと思います。

「猫カフェ」

img_4222

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

情報デザイン3年生の課題で「◯◯の教科書」というデジタルコンテンツ制作があります。

学生それぞれがテーマを設定し、掘り下げた内容に取り組みますが、今年はある学生が「猫」をテーマに選びました。

どんな課題であれ、情報デザインでは自分の思い込みやネットで調べられる情報だけでなく、自ら体験・経験した内容を大事にしています。

ということで… みんなで「猫カフェ」へ!

行動を観察することで理解しようとする、これもちゃんとした授業です。

はてさて、作品にどのように生かされるか乞うご期待。