イベント

がんばれ!美術の時間in函館を行いました。

美術部応援プロジェクト「がんばれ!美術の時間in函館」を10月12日(土)に市立函館高校青雲記念館と美術室にて開催しました。今回の講座は基礎力を高める目的で①油彩基礎②デッサン初級編③デッサン中級編④バレリーナクロッキー⑤アクリル表現をラインナップ。悪天候のにもかかわらず30名の高校生が参加。約4時間半みなさん集中して制作に取り組んでいました。

ラジオ番組「たがりな!!」生中継に登場!

打ち合わせラジオ番組「たがりな!!」は、美術学科はもちろん音楽学科、地域社会学科、保育科のメンバーが所属しているのですが、今回は、10月5日、6日にかけて行われる本学の大学祭「橙丹祭」の告知をAir-G北川久仁子のbrilliant days×Fにて行いました。

収録中

収録では今回の目玉の「お笑いライブ」の告知や、ラジオ番組スタッフで運営するカフェを紹介し、和気藹々とした生中継となりました。

「Cafe たがりな!!」では、公式グッズとして美術学科の学生が制作した各キャラクターのステッカーや、ラジオでは語られなかったキャラクターの過去の話を収録したコミック、音楽学科で制作しているサントラCDなど、様々なグッズを限定販売します。

収録風景(グッズ類)

…ところで、最近の中継ってケータイとオーディオインターフェイスだけで出来てしまうんですね!(いろいろ不具合に悩まされることもあるそうですが)気がつかないうちにスゴイ世の中になっていました…

当日は、声優メンバーもお店に交代で入っていますので、推しキャラの中の人とも会えちゃうかも!?是非、遊びに来てくださいね。

記念撮影!

 

 

 

北海道・飛生の森へ

北海道白老・飛生の森を舞台に開催するアートと音楽の創作舞台、飛生芸術祭に夏休みのゼミ旅行として参加してきました。オープニングの2日間は、出店が並び、キャンプサイトには、所狭しにテントも並び、賑わいを見せます。作家さんの設営やワークショップなどのお手伝いで参加している学生や遊びに来ている学生たちもちらほらと見かけます。木造の校舎や体育館ではトークやライブが行われ、周辺の森の中のステージでも音楽を楽しむことができます。屋外には設置された作品を体験することもでき、廃校横の大きな木に吊るされたブランコや子供たちも楽しめる遊具もありと、子どもから大人まで自然や文化を楽しめるイベントとなっています。夜には大きな火を囲い、アイヌ民族伝承の歌をうたい、踊りの輪を踊り手たちと一緒につくるイベントもあり、少し霧雨も混じる天候でしたが、それもまた、参加型の芸術祭ならではの醍醐味として楽しむことができました。また来年も参加しよーっと。

飛生芸術祭 / TOBIU CAMP 2019 – 北海道・飛生の森
https://tobiu.com

様似小学校でのアートキャラバンが道新で紹介されました。

8月26日に様似町立様似小学校で行われたオオタニアートキャラバン(美術学科教職課程)の活動が、昨年に続き北海道新聞に掲載されました。
この活動は様似町アポイ岳で採掘されるかんらん岩から児童自ら日本画の岩絵具を製造、その絵具を使って様似小学校の5年生と本学の教職3年生の学生が日本画を製作する取り組みです。
完成した作品は、今後校内や町のイベントなどで展示される予定です。

オオタニアートキャラバン2019 in 美唄市立中央小学校

2019 年8月21日に美唄市立中央小学校にてオオタニアートキャラバンを実施しました。本企画は美唄サテライトキャンパス運営協議会と本学美術学科教職課程の協働授業で2014年から毎年実施されてきました。今年は中央小学校4年生59名を対象に午前にスクールミュージアム(鑑賞授業)、午後からは美唄の宮島沼のマガンをテーマにしたアートワークを実施。始終児童たちの笑顔をあふれる楽しいアートな一日となりました。美術教師を目指す学生にとっても大変有意義な経験となったようです。

卒業生による日本画展「report」が開催されます。

日本画専攻を卒業した葛西由香さん(3期)・山本彩花さん(3期)・加藤愛子さん(5期)・橘つづりさん(5期)のグループ展「report」が開催されます。

葛西さんは卒業制作が話題となるなど様々なメディアにも取り上げられている話題の作家。山本さんは本学卒業後に嵯峨芸術大学大学院に進学、橘さんは本学卒業後に武蔵野美術大学大学院に進学。加藤さんは在学中からフィレンツェ賞展など道外のコンクールに入選するなどの実力派です。ぜひご高覧ください。

会期:2019年8月20日(火)~25日(日)
時間:11:00~19:00 最終日17時まで
会場:HOKUSEN GALLERY ivory
札幌市中央区南2条西2丁目
NC北専ブロックビル4F

栗山町で動画制作ワークショップ

栗山町で、動画の制作についての町民講座を行いました。写真・映像・メディアアート専攻の学生らが参加し、初回の撮影編は、番組の企画方法から撮影まで、そして2回目は編集編として、番組構成方法から動画編集を行いました。

本専攻では、業務用の撮影機器や業界で多く使われている有料の編集ソフトなどを使っていますが、手軽に撮影編集が始められるよう、スマートフォンやタブレット、一眼レフやレコーダーなど機材選びから、

無料で使用することができ、プロクオリティの編集ができるソフトウェア『DaVinci Resolve 16』の勉強会をゼミで事前に行いながら講座を組み立てました。

YouTubeのパートナープログラム(YPP)の仕組みや投稿・配信サービスやSNSによる事例などを紹介しながら、参加された皆さんと実践的に情報発信によるメリットやデメリットについて考えてみる良い機会となりました。

 

小学生からご年配の方までバラエティに飛んだ方に参加していただき、学内ではなかなか接点の少ない年齢層の方々とも交流を持つことができた良い機会となりました。

 

 

 

美術学科×音楽学科 共同制作演習B(映像)、ついに来週公開です!

 
夏ですね!大学の前期授業もあと残りわずか…
共同制作演習B(映像)の上映日がもう来週に迫っています!
例年、この時期は共同制作演習A(舞台)の上演が行われていましたが、
今年は前期に共同制作演習B(映像)の授業が開講されております。

元々は3年生の授業だった共同制作演習。
今年からは1年生も授業に参加することができるようになりました!

 
なんと今年は『青春 × 特撮』に挑戦してみたそうですよ〜。
気になる公演のフライヤーデザインは…こちらです!

 
こちらのフライヤー、札幌市内各所に置かせていただいております。
『世界が無個星になる前に』…?一体どんな内容なのでしょうか。楽しみですね!

総勢約60名のスタッフで取り組んだ『世界が無個星になる前に』。
8月のはじめは大谷記念ホールへGOです!

 

札幌大谷大学 美術学科×音楽学科 共同制作演習B(映像)  “世界が無個星になる前に”

【日時】2019年8月1日(木)  開場18:30  上映19:00

【場所】札幌大谷大学 大谷記念ホール(交通アクセス

【入場料】無料

【主催】札幌大谷大学芸術学部

【お問い合せ】芸術学部美術学科研究室 011-742-1839(直通)
〔受付 平日9:00~18:00 土・日・祝日休み〕

*上演時間は40分間程度を予定しています。
*駐車場のスペースがございませんので地下鉄などの交通公共機関をご利用ください。

コンシューマーゲーム開発における音楽・美術制作

ゲーム開発において、音楽や美術を専門とする方々がどのように関わられているのか、ご存知でしょうか?

宇宙開発、ヴァーチャル楽器、3DCG、情報デザインなど各種分野のソフトウェアエンジニアを経て、コンシューマーゲームの開発を行う一方で、数々のメディア芸術作品のサウンドやビジュアルに関わられてこられた株式会社スマイルブーム開発部であり、SIAFラボテクニカルフェローの藍 圭介先生をお招きし、音楽や美術がどのようにコンシューマーゲームの開発に関わっているのか、詳しくお話しいただきました。

ゲーム開発環境を利用し制作されたアート作品の紹介や、芸術性の高いゲームタイトル、またゲームの新しい動向や各パートで利用されるスタンダートなソフトウエア、注目を集めるソフトウエアなども紹介していただきました。そして実際のお仕事の中で、美術や音楽の専門性がどのようにゲーム開発に関わっているか、実際にサウンドデザイナーへどのような形で依頼がされるのか、また各シーンの状況やステータスの変化がサウンドによってどのように臨場感を与えられるのか、そしてフォトリアルなゲームのビジュアルが、ラフからリッチな情報になっていくまでの過程なども詳しく解説していただきました。その後、学生からのたくさんの質問にも丁寧に答えていただき、これから何をしなくてはいけないのか、多くの学生の刺激となったのではないかと思います。